東京外国語大学ロシアサークルЛЮБОВЬ(リュボーフィ)のブログ

「未知なる魅惑の国」であるロシアならではの文化から、留学や旅行のこと、東京外国語大学でのキャンパスライフのことまで。このブログでは、東京外国語大学のロシアが大好きな学生たちが様々なテーマに沿って日替わりで記事を書いていきます。ЛЮБОВЬ(リュボーフィ)とは、ロシア語で「愛」を意味します。

NHKラジオ講座『まいにちロシア語』の魅力

f:id:tufs_russialove:20210820205551j:plain

Здравствуйте (ズドラーストヴィチェ/こんにちは)!ロシア語科4年のRです。

つい先日、このリュボーフィのブログでNHKテレビのロシア語講座、『ロシアゴスキー』が紹介されていましたが…今回は!NHKのラジオ講座『まいにちロシア語』の方をご紹介します!(リュボーフィは決してNHKの回し者ではないですよ笑)

 

↓先日の市薗くんの記事をご覧になっていない方はこちらもチェック!

『ロシアゴスキー』がイチバンスキー!!!! ~Eテレ『ロシアゴスキー』を知っていますか?~ 

 

まいにちロシア語の魅力①初級者にも中・上級者にも対応

『まいにちロシア語』は、月・火・水曜日は初級者向け(入門編)、木・金曜日は中・上級者向け(応用編)の放送となっています。入門編のほうは、何年かロシア語を勉強された方にとってはかなり簡単かもしれませんが、文法の復習にもなるので聞いて損することはないと思います。

木・金曜日の応用編では、(講座のためではなく)実際に収録されたロシア語のインタビューを題材に、語彙や文法事項を学ぶことができます。ネイティブの方の自然なロシア語を聴くことになるのですが…正直全く聴き取れません(´;ω;`) いい勉強になっています。

 

まいにちロシア語の魅力➁ロシアについての豆知識をたくさん学べる!思わぬ発見があるかも

入門編、応用編のどちらも、毎回必ずちょっとしたコラムがあります。例えば8月号には、「ボールペンは黒か青か」(ロシアでは青のボールペンが一般的なんだそう。27ページ)、「モスクワの交通事情」(63ページ)といったコラムが掲載されています。

また、応用編では、8月はアニメーション監督のユーリー・ノルシュテインのインタビューを扱っているため、彼についてのコラムが満載です!

私は残念ながら見ていないのですが、2019年にはノルシュテインの映画製作に焦点を当てたドキュメンタリー映画が日本で公開されました。

なぜ30年経っても完成しないのか?『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』予告編 

 

まいにちロシア語の魅力③週5放送のため、習慣にしやすい!

『ロシアゴスキー』は週1だけれど、『まいにちロシア語』は週5です!

なので、毎日決まった時間にロシア語を聴いて勉強するという習慣をつけやすい、という点では『まいにちロシア語』のほうが勝っているのではないかと思います。(別に競ってるわけではありませんが…笑)

ちなみに、私はNHKラジオらじる★らじるのアプリを使い、放送時間の5分前にアラームをかけているため、聞き逃すことはほとんどありません。

週1くらいのほうがのんびり続けられていいよ~という方もいらっしゃるかもしれませんが、「平日は必ず決まった時間に『まいにちロシア語』を聴くんだ!」とした方が日常生活の中にロシア語学習を組み込むことができるのではないでしょうか。

もちろん、ラジオ・テレビ両方の講座を視聴するのもありだと思います!

 

今はスマホさえあれば無料で聴けますから、興味を持った方は是非!『まいにちロシア語』、聴いてみてください~!平日8:50~9:05、16:30~16:45に放送しています[1]

 

[1] また、15:30~15:45には前週分の再放送が行われています。

 

文責:R

 

*今日のロシア語*

радио(ラージオ)

 意味:ラジオ

слышать по радио(スルィーシャチ パラージオ)

 意味:ラジオで聞く